[ナポレオン覇道進撃]長谷川哲也48[セキガハラ・笑う殺し屋]

1名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/2017-09-14 10:23:36

ナポレオン〜獅子の時代〜に続く皇帝への道

ナポレオン 覇道進撃

YOUNG KING OURs(毎月30日発売)にて連載中

掲載誌公式

hhttp://www.shonengahosha.co.jp/

前スレ

ナポレオン覇道進撃]長谷川哲也 47 [セキガハラ・笑う殺し屋 ©2ch.net

hhttp://fate.2ch.net/test/read.cgi/comic/1487766669/

次スレは>>980か他が宣言して立ててください

34名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/2017-09-17 19:11:04

ナポレオンはマッセナのこと、勝利の女神の申し子なんて呼んでたんだな、13巻の帯で初めて知った

これ以上ない誉め言葉だけど一番評価してたのかな

次巻ではいよいよスルトのマッセナ以上と言われた大暴れが見れるな

史実に沿った詳しい描写をお願いしたいな

68名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/2017-09-21 02:51:53

タレーランの息子+オルタンス=3世

or

レティツィア×???=ルイ+オルタンス=3世

どっちが正解なのか

69名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/2017-09-21 06:13:02

>>68

おそらくタレーランの息子+オルタンス=3世が正解なんじゃないかと

ルイとオルタンスの仲は結婚当初から悪かったそうだからね

ナポレオンも不幸な結婚をさせたという負い目からオルタンスの不貞を黙認していたんじゃないかといわれているし

79名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/2017-09-23 19:35:40

>>69

それが事実だとしたら、フランスの英雄ナポレオンの後継者が、上にあるようにフランスの戦犯と思われてたタレーランの孫ってこと?

すごい皮肉

てか元からナポレオン一族の誰かを自分の一族の誰かに寝とらせて血族簒奪する計画だったとか?

90名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/2017-09-25 03:52:05

やっぱグラサンのおっさんが皇帝殺したのがまずかったんじゃね

100名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/2017-09-26 00:55:33

偽物の方が本物らしくあろうとするの法則みたいに

外から来たかスタンダードじゃない方が社会に意見を持つ的なのがなんかあるかもしれない

108名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/2017-09-30 19:01:58

>>100

なんか始皇帝っぽいな

正統じゃないから初代になろう、みたいな

始皇帝って結局秦王の血引いてないんだっけ?

107名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/2017-09-29 18:00:33

覇道進撃は8巻までしか買ってなかったから今回のキンドルのセールで最新刊まで一冊ずつ小刻みに買ったがメインアシスタントさんがお亡くなりになってたって初めて知ったわ。

109名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/2017-09-30 19:36:14

>>108

呂不韋が実父という説もある

まあ、どこまで本当か分からないけど

ちなみに、武帝の時代、南蛮を教化するために呂不韋の子孫の生き残りが移住した

三国志に出てくる呂凱はその子孫にあたる

110名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/2017-09-30 19:38:21

>>109

呂不韋の子供云々はかなり寓話っぽいらしいぞ

111名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/2017-09-30 19:56:33

>>110

おそらくは始皇帝を貶めるためのデマだと思うんだけどね

呂不韋はかなり慎重かつ用意周到な性格のようだから、リスクを冒すとは信じがたいんだよ

近年では、劉邦の呂皇后は呂不韋の一族だったのではという説があるようだね

118名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/2017-10-01 06:11:17

現在でもボナパリストとかおるんか、今でもナポレオンはフランスの超英雄だけど

119名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/2017-10-01 08:18:13

>>118

ナポレオン協会があるよ

毒殺説を唱えたスウェーデンの医師は熱心なナポレオンファンだったとか

グールゴー将軍の子孫は代々の当主が私財を投じてナポレオンの史跡を修復する活動をしているって聞いたことがある

そんなグールゴー男爵家には先祖がナポレオンからもらった手紙が門外不出の家宝なんだとか

135名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-06 01:08:32

>>119

ものすごく今更だがナポレオンの手紙って山ほど現存しているような

136名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-06 07:07:42

>>135

門外不出は自分にとって重要なものって感じで

別に多く存在するとかは関係ないよ

ナポレオンから貰った手紙なら他の人にはたくさんの一つでも

そりゃ貰った家からすりゃ門外不出よ

151名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-16 20:37:01

パットン「わしはかつて4千年前のエジプト人だった。

トロイア戦争で戦った。

シーザーの第十軍団で戦った。

カルタゴのハンニバル将軍だった。

スチュワート王朝のために戦った。

ミュラ元帥の部下の将軍であった。」

ナポレオン「ミュラの部下なんかにハンニバル級の人材がいるかボケ」

177名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-19 20:24:37

>>151

パットンって、ヨーロッパの初めて行った土地を前世の記憶で完全に把握してたとか聞いたが、あれって証言者いるのかな?

いたらもしかしてヨーロッパの誰かの生まれ代わりってのもない?

まぁ、ハンニバルはないだろうがw

180名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-19 23:42:19

>>177

な訳ない

知らない土地に行く前にみっちり調べるタイプだったんだろナポと同じで

あとは人に話すとき適度な脚色したっつう事だ

182名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-20 06:41:53

>>180

ホラ吹きアメリカンって事ねw

183名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-20 10:58:09

>>180

やっぱりそうだよなw

最近、トランプがマティスのことをパットン将軍の再来、って言ってたの知ってパットン将軍を調べてみたらそんな話があったから興味もった

周りはどんな反応だったんだろうなw

186名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-20 23:14:25

>>183

タイプとしては全然違うわな

まあトランプが他の名前を知らんかったんだろう

208名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-25 00:26:18

やがてフランスは第二共和制に突入、さらに第二帝政への道を歩いてゆく。

そのような歳月の中で幾度かビクトルの姿を見たという人があった。

例えばアメリカのアラモ砦の戦いのさなかで、例えばクリミア戦争のさなかで激しく抵抗する銑次を見たという人がいた。

そして噂のビクトルはいつも戦い抗うビクトルであった。

215名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-25 17:07:08

>>208

今 繰り返す

時を 見逃すな

熱く 燃えて生きる

Our history again

209名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-25 03:47:05

ワーテルローからの敗走中餓えから逃れる為に一切れのパンを盗み、

19年間も獄中生活を送ったビクトルは、

社会に対する憎しみを抱いて出獄する

とある教会に一夜の宿を求めたビクトルは、銀の燭台を盗むが捕まってしまう

しかし、捕まった彼に対し司教は「それは彼にあげた物だ」という

この事でビクトルは良心に目覚め、以後、ジャン・バルジャンと名前を変えてある町の市長となる

214名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-25 13:21:02

>>209

その小説を書くほうじゃないのかw

217名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-25 19:41:47

>>214

そういや、名前だけでファミリーネームが不明のままだったね〜w

221名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-25 23:27:55

>>208

銑次って誰だよ、と思ったらこれも獅子の時代なのね…

>>208といい>>215といい、ここは老親衛隊の多いインターネッツですね

241名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-26 23:27:15

ナポレオン以外のボナパルト家の面々とは

割と仲が良いからな ベルナドット

あと喧嘩別れしたとはいえ軍の実力者だし

身内に取り込む意味はあるはず

上手くは取り込めなかったけど

282名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-29 23:04:34

>>241

ジョゼフとしてはナポとの家長争いで、一族内に味方を増やしたかった面があったと思う

一族に実力者を引き込むことは、家長争いそのものの点数稼ぎにもなるし一挙両得

ナポレオンの帝国視点だと上手くいかなかったけど

ジョゼフや一族としてはナポ破滅後でもスウェーデン国王夫妻とつながりをもつという超ファインプレイだね

269名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-28 21:59:05

あとは残るイベントの殆どが負け戦の中でナポレオン最後の見せ場として

戦況最悪の中でキレッキレの戦術の冴えを見せるフランス戦役くらいか

280名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-29 21:12:20

タレイラン「だから独立させればヨーロッパの大恩人になれたのに」

問題はこいつが国民からクッソ不人気なことである

343名無しんぼ@お腹いっぱい2017-11-12 12:03:40

>>280

コイツがナポレオンに協力していればフランスはヨーロッパの今でも主人だったという意味なんだよな

287名無しんぼ@お腹いっぱい2017-11-01 00:00:32

>>282

ジョゼフは大体無能に描かれてるけど

スーシェも取り込んでるし実は有能?

290名無しんぼ@お腹いっぱい2017-11-01 18:32:46

ルイはオランダ王としてはさほど悪くなかったし…

ああ、でも足を引っ張ったという点ではダメだな

292名無しんぼ@お腹いっぱい2017-11-01 21:28:36

>>290

ベルナドットも似たようなもんだけど、つい最近国王を処刑した国からやって来たんだから、

現地のために尽くすという考えになるわな

ギロチン送りの記憶が鮮明だったろうし

322名無しんぼ@お腹いっぱい2017-11-06 10:26:08

北陸や東北は米作をあきらめていたほうが

発展していたのではないかと時々思う。

324名無しんぼ@お腹いっぱい2017-11-06 10:39:03

>>322

実際稲作してた弥生時代よりも栗を育ててた縄文時代のほうが栄えてたって言われるくらいだし北陸って

336名無しんぼ@お腹いっぱい2017-11-09 09:58:39

アニメ「巌窟王」前の世界かよ>宇宙編

宇宙空間を上半身裸で過ごすスヴォーロフ元帥とか出てくるのか

384名無しんぼ@お腹いっぱい2017-12-23 11:27:59

ところで、昔から根本的な謎を解明できてないんだが

わらっ鼻ってどういう鼻なんだ

調べてもまったく出てこないんだ 誰か教えて

387名無しんぼ@お腹いっぱい2017-12-23 21:03:47

>>384

la paille au nez(ラパイオーネ)は直訳すると「鼻の上の藁」だから藁っ鼻、

こなれていないのは適当な日本語がないためだと思われる

で、何でこんなあだ名をつけられたかというと

ナポレオンの鼻の特徴(英語wikipediaによると”His nose was not very large, but straight, with a slight, hardly noticeable bend”)と

自分の名をコルシカ語風フランス語でナポリオーネと発音してたから、

音の似ている上記の渾名をつけられたという話を読んだことがある

一次史料で見たわけでなく、特にコルシカ語は知らないんで、話半分で聞いておいてくれ

3883842017-12-24 09:03:09

>>387

なるほど、語呂合わせの意味が強かったんですね

ためになります ありがとう

395名無しんぼ@お腹いっぱい2017-12-29 14:58:04

今回の話はなぜか泣きそうになった。ナポレオンの心情とか云々よりも、話がここまできたという感覚。わかるやついる?

401名無しんぼ@お腹いっぱい2017-12-30 22:25:32

>>395

まだ今月読んでないけど覇道の1話と比べるとやっぱり別人とはまではいかないけど考えは大分変わったよね

タレイランその他が非難した通りの人物像になったというか

419名無しんぼ@お腹いっぱい2018-01-01 13:36:46

>>416

大陸 軍(Continental Army コンチネンタルアーミー)は別に有名なのがあるんで……

ちなみに大陸海軍、大陸海兵隊という訳のせいで一見良くわからない軍もある(大陸会議が編成したからこの名前)

471名無しんぼ@お腹いっぱい2018-01-12 17:57:31

というか母親だけじゃなくて、父親も祖母のレテツィアの浮気相手の子疑惑があったんだよな

472名無しんぼ@お腹いっぱい2018-01-12 18:01:35

>>471

お母様、あんたもかい!

ジョセフィーヌを嫌う権利はないでしょうよ…

477名無しんぼ@お腹いっぱい2018-01-12 22:41:14

>>472

浮気というより家族のために身を差し出したという感じらしい

480名無しんぼ@お腹いっぱい2018-01-14 00:24:08

>>477

エッッッッッッッッ